症状固定前に示談は危険

もし自分が交通事故に遭ってしまったら交通事故当事者同士が話し合いで合意する示談の話し合いで損害賠償や治療費の問題を解決することが多いです。交通事故の9割は示談で解決していると言われていて、双方が納得する形で示談が成立すればとても有効的な処理方法と言えます。お互いが納得する示談交渉ができれば、調停や裁判まで進むケースは少ないと言われています。

解決しないまま時間をかけてしまうのは双方にとって得策ではないという考えがありますし、調停や裁判が長引いてしまったらその分の費用も必要となってしまうので、できる限りお互いが納得できるように示談で合意をしたほうが良いという考えがありますが、被害者と加害者で考え方が異なることがあります。加害者はすぐにでも示談で解決したいと思って急いで交渉をしようとします。

しかし被害者は症状が固定されないまま加害者と交渉をしてしまうととても危険です。なぜならば予想以上に怪我の症状が酷くても、その症状を知る前に示談が成立してしまったら自分が損をしてしまう可能性があります。そうならないためにも怪我の症状が固定されて診断書をもらった段階で示談の交渉をするようにしてください。そうすることで自分が損をしなくて済みます。