人身事故の示談は慎重に行う

投稿者: | 2016.10.01

普段車を運転する人や、通勤や通学で道路を利用することがある人は、自分が事故を起してしまう可能性がありますし、自分が交通事故に巻き込まれてしまう可能性があるので、日頃から注意していなければいけません。物損事故であれば相手を巻き込まなくても済みますが、人身事故を起こしてしまったら相手があることなので、相手だけでなく自分自身のダメージを被ることになります。

人身事故は交通事故によって人間が怪我をしてしまったらどのような程度の怪我であっても人身事故になります。怪我をされた人の診断書が警察に提出されて、その診断書が受理されると人身事故の扱いになります。物損事故と人身事故ではお互いの状況や対応も変わってきますので、この判断は慎重に行わなければいけませんし、自分で判断することができなければ弁護士に相談することになります。

もし自分が交通事故を起こしてしまって相手を巻き込んでしまい怪我をさせてしまったら、刑事処分や行政処分を受けることになります。これらの処分を受けなければいけませんが、被害者の人と示談をするという方法があります。交通事故で被害を受けてしまったら示談と言う形で治療費などの補償を請求することができます。どのような形で受け取るのか?受け取る金額はどれくらいなのか?を示談交渉で決めていきますが、全ての交渉がうまくいくとは限らないので、慎重に行わなければいけません。当サイトでは人身事故と示談に関する様々な情報を公開しています。